昭和堂の哲学

永江正澄

わたしたち昭和堂は、単にお客様からいただいた原稿をもとに印刷物を作り、お納めする製造会社ではありません。その時代その時代にあったコミュニケーションの道具、ツールをお客様に提供する会社なのです。「一流の印刷部門を持つ情報処理会社、お客様のコミュニケーションをサポートする会社」、これが昭和堂が目指している姿です。
「人あって企業あり」、昭和堂は人間形成の場でもあります。人間性の尊重を経営ポリシーとして創業以来50余年、一貫して人間形成の場となる企業活動を展開してきました。企業とは生き物。ということは、当社に設置してある業界最高の設備やシステムも、当社が目指している企業未来も、すべてお客様が、そして世の中が必要とし、その存在価値を認めていただかないとわたしたち昭和堂は存続できないということになります。企業としての繁栄・継続力において何よりも大切なのは、社風を愛し、社の方針に基づき日々努力を怠らない社員ひとり一人の力であると信じています。
これまでも、そしてこれからも、「お客様あっての昭和堂」この気持ちをいつも大切にし、常にお客様から選んでいただける企業づくりに努力してまいります。

 

昭和堂のポリシー

【経営理念】
+経営+
業務は周到に企画し 果敢に実行する
 
+実践+
  企業は何よりも人にある
 
+創意+
  人は創意と工夫に生きる
 
+誠実+
  自惚れず常に謙虚に振る舞う
 
+和+
  誠実と責任、公正により 自ら和をなす
       
【社  訓】
+努力+
  躍進と栄光を目指して 計画と努力
   
+責任・誠+
  信用を重んじ 責任を遂行しよう
顧客の立場になって 誠実をつくそう
   
+親和+
  互いに協力し助け合い 進歩向上につとめ
明るく住み良い会社建設に貢献しよう