広域色カレイド印刷

既存4色機で広演色印刷を実現する画期的なプロセスインキ、Kaleidoがカラー印刷の価値を高めます。

カレイドは、より鮮やかな色彩を表現するために生まれました。
従来インキと比べ、色再現領域を広げたほか、濁りのない高鮮明顔料と高溶解性樹脂を新たに採用したことで仕上がりの彩度と光沢を大幅に向上します。

作品の制作意図、色彩、イメージなど広色域再現が必要な
画集、写真集、美術品目録などに最適です。

4色印刷で限りなく6色・7色印刷に近い効果が得られます
http://www.toyoink.jp/products/kaleido (東洋インキ)

kaleido ガモット図

  1. 従来インキよりはるかに広い色再現域で黄から赤の階調が豊かになっています。
  2. 強い赤の階調再現も向上しています。
  3. マゼンタの発色が鮮やか、特に白からピンクの再現が綺麗になります。
  4. 特に今まで印刷では再現しにくかった濃いブルーが、カレイドでは階調も色再現も格段に向上しています。

カレイド用の色調整

Kaleidoインキとプロセス標準インキではインキの色相の違いからCMYK分解値が異なります。例えば、従来の標準プロセスインキによりY:100%、M:100%で再現されるRedの色をKaleidoインキで再現する場合、KaleidoインキのCMYK分解値はY:90%、M:100%、C:2%、K:7%となります。在版画像を使用される際は、新たにカレイド専用のプロファイル処理が必要となります。ご相談ください。